大阪の梅田の風俗のお店で楽しんだこと

数ヶ月前に隣町にお酒を飲みに行くことがあったのだが、その時に一緒にお酒を飲んでいた友人にエロい事しか考えていないような人がいたので、少しお酒を飲んだかと思ったら、すぐに場所を変えて風俗のお店に行くことにした。

まずは、本番は禁止なお店に行ってお酒を飲んだのだが、そこでは、お酒を目の前にしながらずっと女の子の胸を触っていた、足を触っているとムラムラ度が高まってきて我慢するのが辛くなってきた。

そんな興奮度を楽しむお店なのだが、いかんせん料金が高すぎるので、どうせ高い料金を払うのなら、本番ができるちゃんとした風俗のお店に行った方が良いのではないかと思って、すぐにお店を出て、本番可能な風俗店に向かった。

中々若い子が多いという風俗のお店で、パネルを見て良さそうな子を選んだのだが、確かに年齢は若かったが、堀の浅い幸の薄そうな女の子が出てきた。胸もほとんど無かったのだが、オバサンを相手にするよりは断然マシなので、そのまま我慢してきたものを解放した。

風俗のお店を楽しむのは、お店を探したりと結構疲れるので、全てをトータルで考えれば、ちょっと高めのデリヘル嬢を呼んだ方がトータル的に安上がりなることが多い。そうなってくると、また質の高いデリヘルのお店を探すことになるのだが、その作業は嫌いでなかったりする。